紫外線対策としての効果はある?サングラスの正しい選び方


紫外線が目に与える影響

日差しの強い日や眩しい場所で活躍するのがサングラスです。サングラスは、眩しさを軽減し視界をクリアにする効果があります。サングラスの効果はそれだけではなく、きちんと選ぶことで紫外線をカットする効果も得ることができます。紫外線は、肌トラブルを引き起こす原因として知られていますが目にも影響を及ぼすと言われており、目が紫外線を浴びることで充血や炎症を引き起こしたり、視界がぼやけるといった症状を引き起こす場合もあります。また、将来的に白内障などの病気に繋がる恐れもあるため、注意が必要です。このような症状を防ぐためにも活躍するのがサングラスですが、サングラスは間違った選び方をすると逆効果になってしまうのできちんと効果を把握して選ぶことが重要です。

紫外線カットサングラスの正しい選び方

紫外線カットを目的としてサングラスを選ぶ場合は、きちんと紫外線カット加工がされているものを選ぶことが重要になります。紫外線カットサングラスには、紫外線透過率が表示されており低いほどレンズの性能が高くなります。なんとなく紫外線カットといえば色の濃いものを選べば良いと勘違いしがちですが、色の濃さと紫外線カットは関係がないため注意が必要です。

使用シーン別のサングラスの選び方

サングラスは使用するシーンによって、最適なカラーがあります。たとえばドライブの際は、日差しのある日中ならば照り返しによる眩しさを軽減してくれるグレーやブラウン、暗くなる夜間はヘッドライトの明るさをやわらげ視界をクリアにしてくれるイエローやオレンジなどがおすすめです。このようにレンズのカラーによっても見え方が異なるため、意識して選んでみるのもよいでしょう。

サングラス選びは眉毛との相性が重要です。眉頭とフレームがちょうど重なるくらいのものを選びましょう。また、眉毛のカーブラインとフレームの上部のラインが同じものを選ぶと顔なじみがよいです。