壁面緑化を始める時に気を付けるべきことは?


費用を考慮しながら植物が長持ちするよう心がけよう

壁面緑化を行う理由は各企業の方針や事業内容などによりますが、適切に緑化を進めることで、建物の外壁の劣化を防いだり、時期によっては建物内の温度調節ができたりと様々なメリットが期待できます。そうした中、壁面緑化を初めて行う際は、企業向けの緑化事業のサポートを行っている造園業者を探して、施工の方法について担当者とよく話し合いをすることが重要です。また、建物の見た目を良くしたり、排気ガスや雨水によるダメージを少なくしたりするためには、将来的に必要な費用を考慮しながら、それぞれの植物が長持ちする方法を検討する必要があります。その他、出費を最小限に抑えるうえで、数ある業者の中でも良心的な価格で基本的なサービスを受け付けているところや、多額の追加料金が掛からないところを探すのがポイントです。

植栽や設備のメンテナンスまで任せられる業者を選ぼう

壁面緑化をスムーズに行うためには、つる性植物の栽培から給水設備のメンテナンスまで安心して任せられる業者を見つけることがとても大切です。過去に多数の壁面緑化の施工実績がある業者の中には、様々なつる性植物の特性や栽培の仕方、設備の点検のポイントなど、個々の顧客に対して詳しく紹介をしているところも少なくありません。また、壁面緑化を行う面積によっては、施工に長い期間を要したり、定期メンテナンスの度に多額の費用が掛かったりするケースもあります。こうした問題に備えるには、早いうちから熟練の職人が揃っているところや、明朗会計の料金システムを採用しているところを契約先の候補に入れるのがおすすめです。

壁面緑化にはヒートアイランド現象の緩和や断熱保温効果、省エネルギーの効果や空気を浄化してくれるという利点があります。